インプラント治療症例

前歯部欠損

インプラント補綴による、失われた前歯の回復を希望して来院されました。

術前写真

術前写真 術前写真
→

術後写真

術後写真 術後写真 術後写真

自然な感じで前歯を再現することができました。

歯を数本失ってしまった場合

左上臼歯が下の歯ぐきに当たって痛いと来院されました。

術前写真

術前写真 術前写真
→

術後写真

術後写真 術後写真

長期間、左下臼歯が無いままでいたため、上の歯が下がり(挺出)歯ぐきに咬み込んでいます。左上臼歯を歯周外科により挙上し、上下的なスペースを確保して、インプラントを2本使って咬み合わせを回復しました。
治療期間:約6ヶ月

ほとんどの歯を失ってしまった場合

術前写真

術前写真 術前写真
→

術後写真

術後写真 術後写真

残っている6本すべてが動揺して、痛くて咬めない状態です。
抜歯することとなりましたが、義歯(入れ歯)以外の方法を希望されたため、
インプラントによる固定式のブリッジとしました。

前歯部の審美性回復と臼歯部のインプラント

主訴:50代女性、当院にて審美歯科治療を受けられた方からのご紹介で、前歯部の審美性回復と臼歯部のインプラント治療をご希望で来院されました。 所見と治療方針:左上下には他院にて既にインプラント治療がされており、仮歯が装着されておりました。右下にはまず矯正用インプラント※矯正用インプラントについては下部に症例を紹介しております。)にて歯牙の移動を行い、その後欠損部にインプラントを埋入することとしました。

術前写真

術前写真 術前写真
→

術後写真

術後写真 術後写真

この症例は、治療期間約1年6ヶ月でした。

※矯正用インプラント
矯正用インプラントは下のレントゲン写真のように傾斜した(倒れた)歯のアップライトなどに有効です。

術前写真

術前写真 術前写真
↓

術中写真

術前写真 術前写真
↓

術後写真

術前写真

矯正用インプラントを用いて(約3カ月)で、スペースを得ることができました。

インプラントによるデンタルエステティック

インプラントによる審美歯科補綴も基本的には天然歯となんら変わりはありません。
ただインプラント処置を行なう前の環境が悪いことが多く、インプラントの外科処置と同時もしくはその前後に歯周環境を改善する別の外科処置が必要となります。
それが形成外科です。

術前写真

術前写真

この症例では歯の無い所に1本義歯(入れ歯)が入っています。ここにインプラントを用いて歯を作るには、歯肉とその下にある骨のボリュームがたりません。

↓

術中写真

術前写真 術前写真

その不足している部分の形成外科をインプラント処置と同時におこないました。

↓

術後写真

術前写真

歯ぐきの高さも厚みも回復し、前後の歯とのバランスのとれたインプラントによるクラウンが装着されました。

インプラントによる欠損補綴

50代男性、重度の歯周病と義歯(入れ歯)の不具合を主訴として来院されました。
所見と治療方針:上顎は保存可能な歯をアタッチメント用に残し、下顎は左右臼歯部にインプラントを用いて欠損補綴を行うこととしました

術前写真

術前写真 術前写真
↓

術後写真

術後写真 術後写真
術後写真 術後写真

この症例は、治療期間約1年でした。